初心者も楽しめる株主優待制度

株の初心者だけでなく、ほとんどの投資家が楽しみに待っているイメージのある株主優待。

テレビでも株主優待だけで生活をしている人も取り上げられるぐらいで、とても魅力的な制度といえるでしょう。

◆株主優待とは

意外と知られていない株主優待制度ですが、あくまでも株のオプション的制度といってよいでしょう。

※詳しくはコチラ…https://allabout.co.jp/gm/gc/435286/?FM=compi_linkitem-1

自社の株を保有してくれたお礼として、投資家に贈られるギフトのようなものです。

優待の内容は多岐にわたっており、商品券やお食事券といった金券類やお歳暮のような食べ物の詰め合わせ、中にはジャンボ宝くじをくれるという会社もあります。

初心者には、調べてみるのも楽しみのひとつでしょう。

株主優待は年1回というイメージがありますが、年2回優待を受けられる銘柄もあります。

おおむね3月か9月の月末が権利確定日となるようです。

◆株の購入は権利付き最終日までに

株主優待をもらえる権利確定日に株を購入しても優待は受けられません。

優待を受けるには、権利確定日の時点で株主名簿に名前が載っていることが条件になります。

名簿に名前が載るまでにタイムラグがあり、権利確定日の3営業日前までには保有している必要があります。

これを権利付き最終日といいます。

株主優待目当てで銘柄を購入しようと考えている場合は、気をつけておきたいところです。

ただし、銘柄によっては優待を受けるための条件で、権利確定日の半年以上前から株を保有していなくてはならないというところもあります。

1年というところもあるので、よく調べてからの購入をオススメします。