投資信託も視野に入れよう

株をどうしても持ちたいけど、初心者だし自分ひとりで始めるのは難しいという人もいます。

そういう人にオススメなのが投資信託です。

投資信託と聞いただけで難しく考える初心者もいるかもしれませんが、有効な資産運用の一環です。

投資に迷った場合はぜひ視野に入れてみましょう。

◆投資信託とは

投資信託は、証券会社・銀行などで取り扱っています。

最近ではネット証券でも投資信託を扱っています。

個人の投資家から集めた資金を、投資の専門家が運用をします。

運用の結果、利益が出れば分配金や値上がり益を受け取ることができます。

運用の内容は株だけでなく国債や社債など多岐にわたります。

◆投資信託のメリット・デメリット

投資信託は投資の種類などの組み合わせが商品として決められています。

商品を決めたら、運用はすべておまかせになるため時間がなかったり、仕事を持っている人には最適といえます。

また、投資信託は10000円程度の少額から買うこともできるため、一般の株を買うよりも安く投資ができるという側面もあります。

また、投資先は複数に分かれているため、ひとつの投資先で損が出ても他の投資先で利益が出ればリカバリーされます。

埋め合わせをしやすい投資のかたちといえます。

デメリットは元本保証がされないため、自己責任はついて回ります。

意外と見落としがちなのが手数料です。

投資信託は一般の株と違い、保有している間は信託報酬という手数料がかかります。

他にも購入するだけでかかる販売手数料や監査手数料などかかる手数料が多いため、なるべく手数料が安いところで選ぶようにしましょう。