AGAについて

AGAという言葉を聞いたことがありますでしょうか。

薄毛や脱毛症と言われれば意味が分かる人も多いと思いますが、なかなか英語で名前を呼ばれても何のことなのかピントと来ない人も多いのではないかと思います。

そこでAGAについて説明していきましょう。

まずはAGAの読み方ですが、エージーエーと読みます。

Androgenetic Alopecの略がAGAとなります。

日本語に訳しますと、男性型脱毛症ということになります。

ここまでくれば、AGAがどのようなものなのかということが理解できたでしょう。

AGAとは、成人男性によくある髪の毛が脱毛してしまったり細くなってしまうことで薄くなってしまうことを指します。

思春期よりも後の時期に、頭頂部の髪の毛もしくは額の生え際の髪の毛が薄くなっていきます。

場合によっては、頭頂部の髪の毛と額の生え際の髪の毛の両方が薄くなっていくこともあります。

このようなAGAですが、日本ではどのくらいの人数の人がAGAになっているのでしょうか。

全国では現在1260万人ほどAGAになっている人がいるようです。

そのうち薄毛になってしまっていないかどうか気にしている人は800万人ほどだそうです。

かなりの人数の人はAGAになっていること自体気にしていないということになりますね。

また、AGAに対してヘアケアや頭皮ケアを行ったことのある人は650万人になるようです。

150万人ほどの人は気にしているのに何もしていないということになりますね。

◇◆参考ページ》名古屋のAGA解決情報マトメ◆◇